最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

  • ファミーユ歯科・矯正歯科サイト

  • ホーム

  • アクセス

  • 03-3316-4182

  • ご相談フォーム

こども年齢に応じた矯正治療

  • よくある質問
  • ドクター紹介
  • 医院のご紹介
  • アクセス
  • さらに詳しく知りたい方へ
  • 歯周病インプラントセンター 東京杉並

子供の矯正は顎の成長の力を借りながら

子供の矯正は顎の骨の成長の力を借りながら行うので、大人の矯正よりも少ない力で治療を行うことが出来ます。基本的には思い立った時が矯正治療を開始する適切な時期ですが、ただ、症状によって異なりますので、気になった時にご相談ください。

6歳以下のプレ矯正

6歳以下の乳歯と永久歯が混在した段階から、将来への正しい歯並びへ導けるように装着するマウスピースがあります。お子さんによっては口で呼吸したり、べろの癖がついて歯や顎の変形を招いたりしますので、その癖を直したり、舌を普段置いておく位置を覚えるなどに役立ちます。

小学生からの矯正(6歳以上の永久歯&乳歯の治療)

子供の矯正は6歳から混合歯列期と呼ばれる、永久歯と乳歯が混ざった状態から永久歯に全て生え変わった11歳~12歳まで、歯列を管理することが重要です。小学生の段階から歯列を見ていくことにより、便宜上の抜歯やワイヤーを使った矯正が不必要となることもあります。

中学生からの矯正(永久歯の矯正)

乳歯が永久歯へとすべて生え替わる13歳から中学生の時期は、予防的な矯正治療の最後のチャンスといえます。15歳くらいで第二大臼歯が全て生え揃い、顎の骨の成長が終わる以前ならば、歯列をコントロールしながら矯正することができます。

矯正装置は何種類かの中から選べます

アメリカでは、矯正装置も銀色や金色の金属のものも人気があるそうです。値段の問題ではなく、矯正装置が目立ったほうが「より良い人生のために準備している」と思われ「ステイタス」なのです。そのように、本人が気にされるほど周囲の人は気にはしていないのです。

また、現在では以前のような銀色の装置ばかりではなく、目立ちにくい透明ブラケットで矯正を行うことが出来ます。是非一度、当院でご相談下さい。

矯正治療の効果

矯正治療を行うと最初に誰もが実感出来るのが、審美的に非常にきれいになる点です。また、歯磨きがしやすくなることによって、将来的な虫歯や歯周病の予防効率が上がります。噛み合わせが改善されることで噛みやすくなり、成長期には大切な食事を適切に摂取することが出来ます。

歯列は発音にも関係しています。歯列が乱れていると、滑舌に影響し、不適切な発音を身に着けてしまいますが、歯列の悪化を予防しておくことで、そういった滑舌の悪化の心配もなくなります。

予防は念入りに

矯正装置をつけることによって、むし歯になる可能性が高まりますので、しっかりとさぼらずに磨くことが大切です。きちんと歯みがきができているかどうかは、通院のたびにチェックしますし、不十分な場合には指導があるので、ほとんどの方が問題なく磨けるようになります。矯正治療が終わる頃には、以前よりも正しい磨き方が身につく方がほとんどです。

また、ほとんど食事の制限はないのですが、ガムやキャラメルなどの粘着性の菓子は装置にからみ、取れなくなりますので控えてください。

矯正歯科についてお気軽にご相談ください

  • HOME

  • こども年齢に応じた矯正治療

PAGETOP